Cart 0

買い物の失敗

久しぶりに失敗したかも、の買い物をしてしまいました。派手さが唯一無二でかわいいと思ったけれど、何なら2ヶ月以上も悩んだけれど、いざ鏡の前に立ってみるとこれは…舞台衣装だな、というのが率直な感想、トホホ。基本的には実物を見て買いたい派ですが、オンラインでしか買えないとかどうしても試してみたいの気持ちが勝ったときはポチッと注文します。たくさんの洋服を見て試してきた経験から写真と文章である程度の想像ができるようになったこともあり、昔に比べてうーーんと失敗は減りましたが、それでもやっぱり忘れた頃にやってしまう(だいたい2年に1回くらい?)。こんな仕事をしている私でも失敗するのですから、皆さんどうぞご安心ください苦笑。最近は損したくない、失敗したくない傾向がより強い世の中ではありますが、失敗は失敗なりの気付きがあります。次に活かす糧にすることで成長しますから無駄ではありません。でも通販で「わー!」と声が出てしまうような素敵なものに出合うことがあるのも事実。なので、ポチッとを止めようとは思いません。これからもたまーに失敗しながら(願わくば失敗せずに)買い物道を極めていきたいです。

引き寄せ〜ハイブランドの底力など

ポスタルコの春夏オーダーしたアイテムが入荷しました。やっぱり素敵、いいわぁとニンマリ。何を隠そう、ポスタルコファン歴は軽く10年(15年?)を超える私。ご縁があってLUCAでもお取り扱いさせていただくことがスムーズに決まり、荷解きながらもしかして引き寄せた〜?なんてふと思ったのですが、好きなものや人、やりたいことはその時、思うようにならなくとも常に心に留めておくとチャンスが巡って来た時に躊躇なく飛び込める。これが私にとっての縁が繋がる、とか引き寄せみたいなものなのかもなぁ。

 

今回、オーダーしたアイテムにディアスキンのフルムーンポーチという、お月様みたいにまん丸なシルエットの小さなポシェットがあります。アクセサリー代わりにもなるな、とイメージしていた通りの抜群のかわいさなのですが、まじまじと見つめているとディアスキン(鹿革🦌)ってレザーの中でもすごく好きかも、ということに気付きました。私の愛用しているお財布とiPhoneケースがディアスキンなのですが、とても丈夫で肌が美しいんですね。iPhoneケースはフィービー時代(しかも最初期)のセリーヌのノベルティでいただいたものなのですが、あり得ないくらい使っているのにどうなってんの?というくらい全く傷んでいない。コバも美しいまま。狂ったように買ったお洋服やバッグより一番役立っているのが『ノベルティ』とは何とも皮肉なことです…が、これぞハイブランドの底力だな!凄いな!と今更ながらちょっと感動してしまいました。そんなこんなできっとポスタルコのフルムーンポーチも経年と共に美しくなるぞ、と今から確信。お客様より私が一番欲しいかも、なんて困ったものです(苦笑)。

 

写真はポスタルコのバケツバッグ。本物のバケツ🪣をバッグとして持つくらいバケツ好き。私みたいなバケツラバーの方、このバッグも最高ですのでぜひ見にいらしてください!店頭では改まった席でも使えるブラックをご紹介しております。お洋服も他にない感じがとてもユニークで愛着が湧くものばかりです。

 

人の手は尊い

モノ(もちろん洋服もアクセサリーも絵もその他諸々含め)好きな私ですが、年々グッとくるハードルが上がって舞い上がる機会も減ってしまいました。成長している証拠、と前向きに捉えつつ常々何かいいモノないかな、と探してしまうのはもはや私の性なのでしょう…が!素敵だなぁ、欲しいなぁと思うものはやっぱりあって、それは幸せなことだなぁと。今、私がグッとくるのは誰かが作った痕跡がしっかりとあってオリジナリティを感じるもの。それからもうひとつはパッと見、普通に見えるけど実は作り込んであって使ってみて気付く美しさや厳しさのあるもの。お互い対極にあるようだけど人の手で作られたことには変わりなく、最近人間の手って本当にすごいなとよく思うようになりました。糸を編み上げるのも人の手、金属を打つのも人の手…人の手仕事は尊い。そこを声高に主張せずにそっと佇むモノに私は惹かれます。

TÍSCAR ESPADASの魅力

あっという間に12月も半ばですね。今年は暖かな冬(今日の最高気温は20℃だとか、まったくどうかしてるぜ)のせいか、全く年末感のない毎日を過ごしています。

 

11月にTÍSCAR ESPADASのデザイナー、ティスカルとパートナーのケビンがお店に来てくださいました。スペインからはるばる神戸までようこそ!ありがたいの一言に尽きます。彼女の作る服の特徴としてアプローチの仕方やパターン、色合いがとても独特かつ複雑で、アートの空気を感じると言いますか、中世の空気を感じると言いますか…そんなところに惹かれて取り扱いを始めたのですが、想像通りご本人もとてもチャーミングな方で、いろんなことに興味津々といった感じがビシビシ伝わってきました。そしてやっぱりTÍSCARの洋服がお二人ともすごく似合っていました(そりゃ当然なんですけどね、何よりお二人ともとても長身)。次のコレクションも楽しみにしてて!とのことなので、今からワクワクしています。

 

もちろん全身TÍSCARの洋服でコーディネートするのはかっこいいこと間違いないのですが、私はあまり同じブランドの洋服で固めるのが好きではないので、ここは一つ手持ちの洋服を駆使してコーディネートしてみたい。(話が若干逸れますが、私がコムデギャルソンを尊敬しているけどほとんど着なくなったのは、他ブランドとのコーディネートがとても難しく、結局全身コムデギャルソンで着るのが一番完成度が高く美しい、という結論に達したからです。今は自分のフィルターを通して気に入ったものを高い安い、有名無名に関わらず組み合わせて着るのが楽しくて、それがずっと続いています。)TÍSCARの洋服は紐を縛ってシルエットを変えたりアレンジが効くものも多いので、自分の好みに近付けながらまずはシンプルなアイテム、白シャツなんかを合わせてサラッと楽しむことからスタートして、ちょっとずつ癖の強いものを合わせてコーディネートの難易度を上げていくのがおすすめです。あと、私の経験上、こういう唯一無二な形かつ地味な色めの服、というのはクローゼットの中で埋もれずに長く生き残る率が高い。好きが継続するというんでしょうか。なので高額ではありますが、そういう意味では清水の舞台から飛び降りても骨折しません(笑)のでご安心ください。アート作品みたいで特別な気持ちになれるTÍSCARのお洋服たち、ぜひ手に取ってみてほしいです。ちなみに私はコレクション毎に1つずつアイテムを増やしていて、今シーズンは12月にナバス展があるし〜と思い狙っていたパンツを購入したのですが、展示初日に着用しているとまぁ褒められること褒められること。自分が素敵になったかのような錯覚を味わいつつ、服の持つパワーを改めて実感する一日でした。いやほんとに、服ってすごいです。

 

Everything is so fast nowadays.

Taking your time is tremendously important in the early years of creativity .

創作の初期には、時間をかけることが非常に重要だ。

1 2 3 6 次 »