Cart 0

何事も続いていくよ何処までも

前々から気付いていたことなのですが、だいたいの物事は目標達成したら終了、ではなく、それをキープするためには努力しないといけないし何かしら行動し続けないといけません。まさに『継続は力なり』とはこのことです。部屋を片付けても、美しさをキープするためには毎日掃除しないといけないし、綺麗な草花を植えて素晴らしい庭園が出来上がったとしても、それがゴールではなくむしろスタートで害虫や雑草との闘い、水やりとガーデニングには休みがありません。買い物ひとつにしてもそう。欲しかった洋服をやっとの思いで手に入れて高揚感に浸るのも束の間、まずはクローゼット内の場所の確保から始まって、洗濯したりアイロンしたり、虫喰いされないように気を配ったりとやっぱり手がかかります。(ただ私の場合、洋服がすごく好きなのでこういう一手間を続けることは苦になりません。)人間関係だって一緒です。一度、友人・知人・家族になったからといってそれが一生続くとは限らず、いい関係性を持続するためにはお互い切磋琢磨して自分をフレッシュに保つ必要があります。最近、本棚に並んだお気に入りの本を久しぶりに読み返したり、DVDを見返したりしているのですが、本にシミを発見したり、見事に内容を忘れているものや思い込みでこうだったと思っていたことが違っていることも多く、ちょっと愕然としてしまいました。所持していることに胡座をかいていたと反省… 何事もアップデートして今に繋がっていないと意味がないと気付いてしまいました。はい、忘れたらもう一回覚えればいいんです。多分、死ぬまでこういう感じで何事も続いていくと思われますが、せっかくなので楽しくね。新しい洋服もやっぱり欲しいですし 笑。

お取り置きについて

6月も後半、じわじわと気温と湿度が上がってきて夏が近づいてきていることを日々感じます。今年も苦手な夏がやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!(苦笑)元気に乗り切りたいです。

 

さて、今日はお取り置きについて、の私見です。ちょっとシビアな話になります。時々、お取り置きお願いします、とメールをいただいたりするのですが、今現在の状況を申しますと、残念なことに取りに来られない事例があったため基本的にはお断りしています。自分がお店を始めるまでは、お客さんとしてお店のご好意に甘え、お取り置きしていただいたこともありますが、その当時はそこまで深く考えていなかった、というのが正直なところです。が、自分が逆の立場になって、いろいろなことを経験して初めて、お取り置きって一体何なんだろう?と真剣に考えざるを得なくなりました。LUCAでは、 1点づつしか入荷していないものが大半を占めます。オンラインでも販売している理由の一つとして、みんなフラットに購入する権利がある、と思っているからです。仮にお取り置きしたとして、もしその間に欲しい人がお店にご来店されたら?オンラインで購入したいという人がいたら?そう考えるとかなりモヤモヤしてしまうのは私だけでしょうか。それから、どんなに素敵なものであっても季節性のあるアイテムは動く時期、というのがある程度明確にあります。セーターを1ヶ月取り置いている間に春になっちゃった!場合、キャンセルされると余程のことがない限り、その先6ヶ月は寝かせることになります。理由は多々あれど、やっぱり誰に対してもフラットでありたいというのが一番大きい。縁があるものは、シンプルに手元にやってきます。お取り置きの意義、どうぞ一歩踏み込んで考えてみてください。

5周年ノベルティ

お待たせしておりました5周年ノベルティ、完成しました。エコバッグ&ポストカード、作画は佐々木美穂さん、ポストカードのデザインは南田真吾さんです。渾身の作です!まだお渡しできますのでよろしくお願いいたします。

→ 終了しました

ぴたりとはまる

  • お待たせしております5周年のノベルティ、もう少しだけお待ちください。

 

今年は春が早そうですね。さすがに5年目になると、この時期、みんな白シャツやボーダーTシャツが欲しい気持ちになるんだなぁというのが分かってきます。逆に言えば、どんなにいいもの・素敵なものでも季節を外れてみんなの気持ちに添わなければ、なかなか動かないということです。この春はいろんな事情が絡まって、納品がかなりスローペース気味です。が、いいと思って選んだものは売り急ぎたくないし、半年一年で価値が落ちるようなものは扱っていないと思っているので、今まで通り、これまでに入荷したものも新しいものもご紹介し続けるというスタイルを続けていきます。時間がかかってもぴったりの方のもとに行き先が決まる不思議、ありがたいなぁとつくづく思います。なので、この春夏もどうぞゆっくりお付き合いください。(ちなみに…ノースリーブのワンピースやTシャツなど5月に入荷するものもあります)

 


今、ちょうど展示会シーズンで2023AW、半年先にお店に並べる新しいアイテムを唸りながら(本当に唸っている)選んでいます。あまりにも世の中の変化のスピードが速すぎて、半年先がどうなっているか想像できない中、選ばなければいけないのですから唸るのも当然(と思いたい)。LUCAの目指すところは不特定少数に向けての発信、と思っていたけれど、最近はさらに一歩進んで『ひとりに響けばいい』お洋服の値段がさらに上がっている今、私の買い付ける数にも限りがある。そんな中、私が真剣に選んだ1着が日本、いや世界の中のたったひとりの琴線に触れてクローゼットに連れて帰ってもらえたら、こんなにうれしいことはありません。そんな気持ちでセレクトしています。最近、コロナ禍が少し落ち着いて、遠方からお店に来てくださる方がチラホラ、オンラインで見て想像していたものと実物とのギャップにえ〜っとなり、私がおすすめするものが全く眼中になかったもので、それを試着したらお客様にぴたりとはまる。そんな時、私は「わ、繋がった!ひとりに響いたよ〜」と内心飛び上がるほどうれしいのです。クールを装ってますけど笑笑。点(LUCA)と点(お客様)を結んで、いつか丸い円になったらいいな。それって縁(=円)だよな〜。そんなことを考えながら今日も、本日締め切りのオーダーをうんうん唸って決めております。

ワークジャケット考察

 今期、新しく入荷したイギリス🇬🇧N-EM-CEEのワークジャケット。数色展開がある中、私が愛して止まない茄子紺をセレクトしました。世の中にワークジャケットは本気のものからおしゃれ用のものなど数はあれど、なかなか大人にしっくりくるものを見つけるのが難しいアイテムでもあります。ビンテージものの定番、モールスキンの分厚さはすごく好きだしかっこいいとも思うけれどもう馴染ませるパワーがない。(多分、買ったとしてもガシガシの生地感が苦しくてきっと袖を通さなくなるのが目に見えているし、色落ちして馴染んだビンテージはコーディネート難易度が高い) と言いながら、つい古着屋さんに行くとワークジャケットをチェックしてしまうんですけどね。で、このN-EM-CEEのワークジャケットがなぜ大人向きなのかと言うと、まず生地が柔らかく上質であること。洗濯してもほぼ色落ちなく、長く愛用できます。それから縫製、裏側の処理がロックミシンではなく綿テープを重ねてミシンで叩いてあります。数年前に買ったイギリス製のワークコート、手頃な値段(今回のジャケットの1/4くらい)だったので、ま、いっかと買ったものなのですが、それと比較するとやっぱり全然違います。ポケットの補強のためのミシンステッチだったり、ぱっと見では気付かない細やかな差が歴然とあり、こういうところに価格差が出ているのだなぁと。円安の影響もあり決して安いものではありませんが、大人に愛用してほしいワークジャケットです。ぜひお試しください!

« 前 1 2 3 4 5 6 次 »